たまにオペラのような歌声

もう7月も下旬だというのに、ぱっとしない天気が続いている。土砂降りかと思えばすぐに止んだり、青空が広がりそうなところで再び降り始めたり。気温は高いと27℃くらいまで上がるけれど、湿気が無いのでそこまで辛くない。暑いのが嫌いな自分にとっては絶好の夏だ。(ただ、この夏は東京で過ごす予定なのでその猛暑に耐えられるか不安。)

23:46現在も雨がしとしと降っていて、静かな雨音と涼しい風、時々歌いながら歩く人の声が窓から入ってくる。深夜その時の感情に優しく寄り添ってるような雨は良いな。

Remove all ads

そうであったら嬉しいしそうでなくても別に悲しくないという心持ちでいたい、表裏一体のところをどう受け取るかが重要な気がする何事も

少しは柔軟に生きられるようになったかも

Remove all ads

プログラム

あまり早くから予定を入れないようにしているのでよく二度寝してしまう。今日はいつもより早い時間、5時とか7時に目が覚めてしまった。おそらく昨夜遅い時間に友達とご飯を食べたから。満腹のまま時間が経つのは胃が少し気持ち悪いし、一気に体重が100kg超えたような気持ちになる。せっかく早くに目が覚めたので何かしようと思いながらまた寝てしまい夢を見た。覚えている限りではふたつ。一つは少し長編で、前に一度見たことがあるものだった。もう一つは実家の犬と会った夢。長編の内容は、船が座礁してそこへ緊急ボートが来るも子供(それも勉強ができる者)しか乗れないようになっていた。前回見たときは無事乗り込み脱出できたのだけど条件が変わったようだ。どちらにせよ自分は焦っていなかった。波で揺れる緊急ボートの上でプログラミングをしている数十人の頭が良さそうな子供達が印象的だった。その光景を後にして家族と合流すると、両親がこのタイミングでアメリカ?へ行こうと計画・航空券の予約をしようとしていることを知る。そこでわたしは母に「航空券取るなら窓口じゃなくネットで、そして値段が変動するので注意して買うべき」と説得していた。だんだん海水で満たされていく船の中で。きっと最近現実で航空券の手配をしていたからだ。結局結末がどうなるか分からないまま夢が覚めた。

実家の犬に会った夢は明晰夢だった。目の前で生きている犬がこっちを見ていた。自分は犬がもう居ないこと、そしてこれが夢であることを理解していたので勢いで目が覚めないよう注意深く抱きしめた。けどやはり夢、顔を摺り寄せようとしたら幻のような3D映像のような感覚だったので犬の顔が透けてしまった。ああ残念だと思いながらももう一度顔を近づけてみたら今度はしっかり抱きしめることができた。ふわふわの毛並み、がっしりした骨格、最期に会ったのは一年半近く前になるけど、そのときより元気に見えた。夢の中でぼろぼろ泣いていた。汗びっしょりのまま目が覚めた。

 

Remove all ads

眠る直前にお酒を飲むと脚がだるい

・追われるものがなくなったのでベッドからあまり動かないまま1日を終えることが増えた

・一定の場に根を下ろすことを繰り返していたけど少しの期間色々なところへ行きたいと考えている、全てが未定な為今のところただの空想

・風船に石が括り付けてある状態

ニヒリズムでアグレッシブ

・毎週日曜夕方は同じマンションからノスタルジックな音楽が聴こえてくるので、うっかり西日が射しこむ野外フェスの雰囲気を自室で感じてしまう(野外フェス行ったことないけど)

 

 

Remove all ads

許し

一瞬確実に手を掠ったものがまた遠くへ行ってしまうと全て無意味だった気がして(絶対そんな筈は無いんだけど、)何の為に自分で色々取捨選択してきてこの場に居るのか分からなくなる癖
でもこういう時の方が何かするには良い心境なんだと思う
とりあえずまた違う方向で見えてきたものがあって良いタイミングなので、あまり落ち込んでられないのは良いこと
といいつつ同時進行が苦手過ぎて各方面で迷惑かけないようにしたい

好き嫌いで選別しない、人見知りを盾にしない人間関係を築き上げてくるべきだったなと今更ながら

Remove all ads

ぬいぐるみ

さっそくここの更新を怠っていた。

昨日はクラブへ行った。
楽しめた。感謝。

二度寝して夕方に目が覚める。
欲しかった細胞のぬいぐるみをAmazonで注文した。
どれを買うか迷ったけど最終的な決め手は色合いとかわいさ。
一番欲しかった脳細胞(大きいサイズ)は送料が高くて諦めた。
でも絶対いつか手に入れたい。
今まであんまりぬいぐるみに興味なかったけど集めてる人の気持ちがわかった。

寝起きから食欲があったのでパンを食べる。
最近誰かと会う頻度が多い。
そんなとき一緒に食事をすると食べることを楽しめる。

ずっと髪を切りたい気分。
この前会った友達と「坊主似合いそう」「したいけど勇気が出ない」「したらいいのに!似合うよ」「嬉しい、たまに言われる」「きっと似合うってみんな思ってるよ」という会話をした。そうだったらいいな。
坊主にすぐ出来なくてもせめて耳が見えるくらいには短くしたい。

今年の夏はしたいことがたくさんあるので待ち遠しい。

 

Remove all ads

またブログはじめる

 

先週なんとなく見つけた良さげなレーベルを調べていたところ、それが出演する野外イベントが今日近くであるということを知った。
それもお昼から10時間ノンストップ&エントランスフリー。
張り切って行くつもりだったけど暑そうで諦めた。。
今日は27度まで上がったようでもう夏みたいだ。
強い陽がある時は肌の痒みや頭痛がするのでできるだけ室内に居たい。
でもピクニックは好き。それ以外にも夏は楽しいことが多い。

実家の犬が空へ旅立ってからもう二週間経とうとしている。
未だに死ぬということがどういうことかまだ全然理解できない。
なので母から散歩の様子やかわいらしく笑ってる写真が送られて来ないだけで、実家で普通に暮らしているように感じる。
この前の冬に祖母が亡くなった時も悲しかったけど(どこか遠いところへ行ってしまってもう会えないんだな)というくらいにしか思えなかった。今も。

21時になってようやく夕焼け。
明日も暑くなりそう。

Remove all ads